日本国籍日本国籍

帰化の申請が不許可になる可能性はありますか?

帰化が不許可になる場合

帰化の要件を満たし、申請を受理してもらえれば、不許可になる可能性はかなり低くなります。

こちらに申請者数と不許可数を公開しておりますが、不許可になられている数は、申請者数の約2%に満たない数値となっています。正しく書類を記入、準備して法務局との面接対応を終えれば、割合はもっと高くなります。

帰化の不許可

帰化が不許可になった場合は、法務省から、帰化許可申請書を提出した法務局へ、その旨が通達されます。この通知を受けた法務局の長が帰化申請者に対して帰化が不許可になった事の通知がされます。一度不許可になったからと言って再度帰化申請ができなくなることはありません。ある一定の期間をおいて不許可事由が除かれれば、再度帰化の申請をすることになります。帰化が不許可になる事案には何らかの事由があり、それが複数事柄にも及ぶ場合もあります。しがたって、再度申請する際には担当官に理由などを訪ねることができますが、正確な答えはあまり期待しない方がいいでしょう。

帰化の不許可後の再申請

裁判と異なり、一事不再理といことはないので、不許可になっても何度でも申請はかのうです。不許可の事由が除かれて、帰化の条件が再度整えば、いつでも申請、受付可能です。不許可の理由に不明な点があれば、一度担当の職員に具体的に話を聞き、不許可の事由をなくして、再申請しましょう。

PAGE TOP

メール
フォームへ