日本国籍日本国籍

帰化申請後の注意点

帰化申請後はこれに気を付けよう

帰化申請した後はできる限り慎重に行動しましょう。

1.交通違反や事故に気をつけましょう。
万が一、交通違反等でキップを切られてしまった場合は、まず、法務局へ報告する必要があります。 もちろん故意ではなく、ただ単に報告を忘れていた様な場合があったとしても、あとで発覚した際には悪影響を及ぼしますので、必ず報告するようにして下さい。
2.海外旅行等で日本を出国する際は気をつけましょう。
特に1ヶ月以上の出国は、もちろん理由にも拠りますが、不許可となってしまう可能性があるので、ご注意いただきたいです。 また、日本を出国する期間が短期間だったとしても、出国前には必ず法務局へ報告をするようにしていただければと思います。
3.住所又は連絡先を変更したとき
担当の職員の方に必ずご報告しましょう。帰化申請の許可が下りるまでは、担当の職員と定期的に連絡を取り合うことになります。
4.日本から出国後、再入国した時
担当の職員の方に必ずご報告しましょう。帰国した際にも連絡をするようにしてください。
5.法律に違反する行為(交通違反を含む)をした時
担当の職員の方に必ずご報告しましょう。些細な違反でも連絡が必要です。帰化の審査に影響します。
6.勤務先など、仕事関係が変わった時
担当の職員の方に必ずご報告しましょう。生計の概要に変化が生じるためで、帰化の審査に影響します。大きく所得が下がると、生計が維持できなくなる可能性もありますので、注意が必要です。
7.帰化後の氏名を変更しようとするとき
担当の職員の方に必ずご報告しましょう。

PAGE TOP

メール
フォームへ